RAをなだめつつ快適ライフを目指す【たるぱら】の患者目線ブログ。※コメント・突っ込み歓迎ですが「記事」に関連する内容でお願いします。※一般的なブログですのでコメント者様同士の声かけはご遠慮ください。※管理人が不適切と判断したCMは予告無く削除することがあります。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年12月10日 (木) | 編集 |
11月の血液検査結果で、CRP、RFともに少し上昇していた。
それでもCRPはかろうじて陰性、RFもわずかな上昇であるが、
年明けから下がり続けていたものが上がるのは、何か引っかかる。

検査の日は、ストレスになる要因が重なってブルーーーーな気分
だったが、そんなに即、データに反映されるとも思えない…。

むしろ、身体の感覚としては、そう悪い感じではなかったので、
その旨を受診時に言うと、「ステロイド減らしてみようか」
ということに。

データを見るまでは私もそう思っていたし、
ステロイド離脱は長年の目標なので、
半ばヤケクソ、ヤケノヤンパチで減量して3週間以上経過。

といっても、2mg⇒1.5mgのビリョ~な減量だが、
されど0.5mg、あなどっちゃあいけません。

最初は慎重に2mgと1.5mgを交互に…なんてチマチマ始めて、
意外とあの減量時特有の虚脱感みたいなのが無かったものだから、
もうずっと1.5を続けている。

リウマチの痛さはあまり変わらないのだが、
12月に入った頃から耳鳴りがして、眠い時間が増えた。
ここしばらく、起きていられる時間が増えていたんだけど。

私の耳鳴りパターンは
・リウマチが悪くなる時、又は悪い時。
・甲状腺ホルモンが多い時、少ない時。
・風邪

今回は、なんだろう?自分でもよくわからない。
そういえば、脈も速い。
脈が速いのは、上記の甲状腺ホルモンが少ない時、以外。
風邪の諸症状は無いが、やっぱりよくわからない。

ステロイド減量するには、今のこの時期、
かなり適さないんじゃないかと、今頃気がつきました。
はははは…
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。