RAをなだめつつ快適ライフを目指す【たるぱら】の患者目線ブログ。※コメント・突っ込み歓迎ですが「記事」に関連する内容でお願いします。※一般的なブログですのでコメント者様同士の声かけはご遠慮ください。※管理人が不適切と判断したCMは予告無く削除することがあります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年03月06日 (金) | 編集 |
帯状疱疹を発症して 45日。未だ完治せず。
1日1日が長かったような、月日が過ぎるのが早いような…

2回目の神経ブロックを受け、少し痛みが緩和されたので、
マイスリー(眠剤)とデパス(安定剤)を抜いてみたら、
うーーーん…すんなり熟睡というわけにはいかなかった。
ピリピリよりも左手全体が何故か痒くなって目が覚めた。

デパスは寝つきが良くなるのはいい代わりに、
日中もずっと眠くてボーっとするし、口渇も激しいので、
夜一錠にしてフェイドアウトしたい。
マイスリーは寝なきゃいけない時に頓服して同様の方向に。

1回目のブロックで効果が2~3日感じられたので、
回復の見込みはまだあるらしく、
今後は週に1回、痛みがなくなるまで続けることになった。

帯状疱疹の神経ブロックは、罹患してから1~2週間くらいから
始めると後遺症になりにくいそうだ。
健康な人なら何もしなくても回復するかもしれないが、
免疫抑制しているような人や高齢者などは、
早いうちから やっといたほうがよさそう。

最初にかかった所が内科で、抗ウィルス薬は出してくれたけど、
「後遺症の神経痛が出ることがあるが、またその時に」
と言われたので、「その時」でいいと思ってた。

その後回された皮膚科では、皮膚の状態しか診ていない様子
だったので、どうせなら早めに麻酔科に連携してくれていたら…
と、今になって思う。
( 麻酔医も経験豊富な医師じゃないと恐いけど…)

ま、過ぎたことはしょうがないので、今のペインの先生を信じて
しばらく治療を続けます~
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。