RAをなだめつつ快適ライフを目指す【たるぱら】の患者目線ブログ。※コメント・突っ込み歓迎ですが「記事」に関連する内容でお願いします。※一般的なブログですのでコメント者様同士の声かけはご遠慮ください。※管理人が不適切と判断したCMは予告無く削除することがあります。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月31日 (土) | 編集 |
10月の血液検査の結果。

CRPは、ほぼ前月と変わらず0.07
リウマチ因子も、また少しがっている。
しかし、相変わらず血沈が高く38。なんでだ~~~

体感としては、血沈の値が正しいような気がする。
0.07なんて感じはしないから。

そして、今回ASTALTLDHが基準値を上回っていて、
主治医はカルテに“要経過観察”みたいなことを打ち込んでいるようだった。

自慢の肝臓だったのに、とうとう肝臓にまで影響が…(泣)
…と、少しショックだったのだが、
帰路の途中で「もしかして、溶血?」と、ひらめいた。

何年か前にもAST、ALTが今回と同じくらいの数値に上がったことがあり、
その時の医者は「たぶん溶血」と言っていて、
それが正しかったのでしょう、
次の検査時にはASTもALTも正常値に戻っていたのだ。

溶血についてはコチラ↓を引用させていただきます。

血液の検査値に及ぼす影響(宜野湾記念病院検査室)

溶血について(鳥取大学医学部附属病院検査部)


採血時や採血後に何らかの理由で赤血球が傷つき、
その結果、検査値に影響が出やすいのがAST,ALT,K,LDH
…ということでしょうか。

ちなみに、アルコールの影響を受けるのはγ-GTPで、
これは今回も一桁。
肝臓が悪くなるほど飲んでませんけどね。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。