RAをなだめつつ快適ライフを目指す【たるぱら】の患者目線ブログ。※コメント・突っ込み歓迎ですが「記事」に関連する内容でお願いします。※一般的なブログですのでコメント者様同士の声かけはご遠慮ください。※管理人が不適切と判断したCMは予告無く削除することがあります。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年03月31日 (火) | 編集 |
今まで漠然と「神経ブロック」だと思って受けていた注射は、
正確には「腕神経叢ブロック」だったようだ。画像(たはら整形外科HPより)

最初は「なんでもいいから、この痛みどーにかして!!」状態だったので、
どこに作用するのかとか、薬剤は何を使っているのかとか、怖いとか、
そのようなことを考える余裕はなかったわけで…

レントゲン透視下で行われる このブロック、
神経にビビッとくることがあるので、針を刺す時に緊張感が高まる。
私の場合は、肘をぶつけた時にビビーンと感じるあの神経で、
麻酔薬を注入する時には背中の方にズーンと重い感じがする。

4回受けてみて、だんだん良い方向に向かっているのは確か。
1回目が10としたら、4回目には5くらいにはなっている。

しばらくしたら簡単な方法にするから、と言われていて、
5回目からは「星状神経節ブロック」に切り替わった。
(白石整形外科HPより)

これは医師が指で首の星状神経節の突起を指で探って、
そこに針を刺し麻酔薬を注入する。
背中にズズーンと重く響くのは腕神経叢と同じだが、
神経にビビッとくる緊張感がないのでラクである。

治療後はブロックした側の瞼が重くなり、目が充血し、
顔や肩のあたりが暖かくなった。
これは効いている(血行がよくなった)証なのだそうだ。

実際の星状神経節ブロックの様子(神部病院HPより)

そして、新たにカプサイシン軟膏が処方されたので
恐る恐る塗ってみると…効果実感~~~

まず痒みが止まった!! ピリピリ感もだいぶ軽減。
星状ブロックとの相乗効果もあるかもしれないけど、
最初から、これ出してくれればよかったのにーーー!!
と思うほど。

カプサイシンはとうがらしの辛味成分で、
痛みを伝達する物質を抑制する作用があるんだって。

院内調剤で保険が効かず自費ですが(数百円)、
近い将来どこぞやの製薬会社から発売されるとか??

…ということで、
帯状疱疹神経痛も少しづつ改善の方向…だと思う。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。