RAをなだめつつ快適ライフを目指す【たるぱら】の患者目線ブログ。※コメント・突っ込み歓迎ですが「記事」に関連する内容でお願いします。※一般的なブログですのでコメント者様同士の声かけはご遠慮ください。※管理人が不適切と判断したCMは予告無く削除することがあります。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年11月18日 (金) | 編集 |
昨日はヴォージョレ・ヌーヴォの解禁日。

「どーーーしても解禁日に飲みたい!」という執着心はないのですが、
買い物に出かけた先で試飲にはまって、1本買ってしまいました。
(画像の中味は既に空…)

nouveau2011.jpg


ひとりで出かけた時にはビン物は重くて持って帰れないので
極力買わないようにしていますが、
これ、ペットボトルでビンよりだいぶ軽いんです!!

持ち運びやすい、リーズナブルなのに品質は悪くない(むしろ良いかも)、
スクリューキャップで開けやすい(コルク栓にこだわりは無いし、
引き抜くのは無理)…ということで、大変気に入りました。


nouveau2011-2.jpg


家の者の帰りが遅かったら、この自助具を使って自分で開けてみようかなぁ
と思ってたんですけど、早めに帰ってきたので結局開けてもらいました。

穴にははまるので、なんとか開けられそうな感じ。

らくらくオープナーだとサイズが合わない物でも、
これは穴が斜めになっているので大きさの融通がきく。

上から押さえるようにして回すと、手首や指に負担がかからず
開栓できる場合が多いので、重宝している一品です。
(2004年頃、東急ハンズで購入)
スポンサーサイト


2011年11月07日 (月) | 編集 |
リラックマ!!

rirakkuma1.jpg



……の、缶&ペットボトルオープナー。
お茶かなんかのオマケだったそうで、オットがくれた。

rirakkuma2.jpg


右のくぼみでプルタブを起こして開けられる。

rirakkuma3.jpg


裏はペットボトルオープナー。
たいていのキャップに合いそう。


意外と、見た目より実用的。
そして、なんとなく和む(笑)


2010年05月27日 (木) | 編集 |
ケロケロ~
frosch2.jpg

いただき物ですが、かわいいので載せちゃう。ケロケロ~

fosch.jpg
環境にも人にも優しいらしい。台所洗剤2種とふきんです。
Frosch

これで、苦手な水仕事も楽しくなる!!

・・・・・・・・かな?(笑)


2010年05月24日 (月) | 編集 |
某全国大会で購入した「紙パックオープナー」

pakkun.jpg

その名は・・・・・・・・・・・・・・・・・パッ君
【関連Webサイト】福祉工房あいち

pakkun2.jpg
幅が広くて持ちやすい構造。



早速試してみましたが、私の手でもなんとか開けられました。紙パックが自分で開けられなくなってからは、もっぱらウチの人間パッ君が開けていたので、自分で開けたのは超久しぶり!!これで突発的に飲みたくなる紙パックのフルーツジュースなんかもスルーしなくてもよい

【手順】
パックの開け口に差し込む
上に引き上げる
開け口を手で開いて、注ぎ口になる中央部に突起部分を差し込む
引っ張る

はクリア。引き上げる時は私は逆手で持ちました。そのほうが力が入るので。の手で開く作業は親指の力がいるので、私には難関でした。ここでうまく開かないと、突起部を差し込む作業が難航…。なかなか上手くいかず、何度も引っ掛けたりしたので注ぎ口がボロボロに。が上手くいくかはの出来次第かも。紙パックにも開けやすいものと、粘着力が強くて開け難いものがあるのかもしれない。コツをつかむまで、トライですな。

5年位前に"牛乳パックオープナー"を探していた時は手を出しにくい価格の物しか見つからなかったのですが、これは「もしダメでもしょうがないか」って価格だったので、気軽に購入できました。そういう商品がもっと増えるといいなあ。人それぞれハンディが違って、同じ自助具でも人によっては使えない場合があるので、高額な物を購入するのは『賭け』みたいなところがあって。

でも、この商品を知らなかったのは私だけで、ほとんどのRAの人はご存知なのかも…という気がしてきた(^^; 近年、リウマチの催しからは足が遠のいていましたけど、たまには参加してみるものですね。


2009年08月14日 (金) | 編集 |
外袋を捨ててしまったので、正式な名称を探すのに苦労しましたが、
レンジでゆで野菜です。
yudeyasai1.jpg
ザルになっている容器を中に重ねて、野菜を洗って入れて、
ふたをしてレンジでチン。簡単に茹で野菜の出来上がり。

何がいいかって、なべを使わなくていいっていうところ。
手が不自由なもんで、なべは重いし、洗うのが大変…。
無理をすると関節に負担がかかって、変形を助長することにもなりますし。

耐熱容器に野菜を入れて、ラップしてチンでもいいんですが、
水分が底に溜まるんですよね。(容器も重いし…)
その点これはザルで水が切れて、野菜に余分な水分が付かない。

ほうれんそう等の葉物やとうもろこし、さつまいも等長い物が入るので、
とりあえずお試しでこのサイズにしましたけど、
他にも丸型や麺・パスタ用もありました。

が、夏はやっぱりコレですよ!!
yudeyasai2.jpg
枝豆のために何回使用したことか…。

主な野菜の加熱調理時間の目安が、蓋に書かれているのも気が利いてます。
枝豆の目安は2分30秒ですが、何回か試した結果、
3分+蓋をすぐ開けずに蒸らし数分で好みの固さに。

※蓋を開けるときは、水蒸気が噴出してくるので要注意。

暑い夏に火を使わなくていいのも

今のところ、枝豆・オクラ・ブロッコリー・きのこ類くらいしか試していませんけど、
これは使えそう!!もっと早く逢いたかったよ…


ちなみに私はスーパーをプラプラしている時に見つけて購入。
500円前後の求めやすい価格でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。