RAをなだめつつ快適ライフを目指す【たるぱら】の患者目線ブログ。※コメント・突っ込み歓迎ですが「記事」に関連する内容でお願いします。※一般的なブログですのでコメント者様同士の声かけはご遠慮ください。※管理人が不適切と判断したCMは予告無く削除することがあります。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年07月15日 (木) | 編集 |
駐車禁止除外車標章の更新手続きをしに、最寄の警察署に行ってきました。

一時、下肢4級は対象外となったので、22年7月31日までの
「経過措置」の標章が発行されていたのですが、
再び下肢4級が対象になったので規定に法って更新できることに。

有効期限の6ヶ月前から更新できる旨のお知らせが1年以上も前に
届いたもので、危うく忘れるところでした…(汗)

関連過去記事はこちら↓
交付基準見直し(2009.3.2)
駐車禁止除外車標章・更新(2007.10.1)


更新に必要なものは…

●標章
●身体障害者手帳
●住民票の写し
●印鑑

手続きに行く前に、警察署に電話して何が必要か聞いたところ、
「住民票」と言うので、「住民票の写し…」とメモしながらつぶやくと、
「写しじゃないほうです」と言うから、“住民票の写し”じゃないものが
あるのか?と疑問に思いながら役所で係りの人に聞いてみると、
「住民票は写ししかないので、コピーの意味だと思いますよ」

まどろっこしい…

写し=コピーと思っている警察の人も警察の人だが、
「住民票の写し」は、ただの「住民票」じゃダメなんですかね?
(なんで住民票だけ“写し”が付くんだよ…)と心の中で突っ込みました。

それと、新設された「高齢運転者等専用駐車区間」。
「駐車禁止除外車標章」の掲出でも有効とのことですが、
都内では今のところ わずか17台分しかスペースがなく、
利用するような場面は巡ってきそうにありません。


とにかく…

経過措置で期限が今月末までの人は、忘れずに更新を!!!
スポンサーサイト


2009年05月12日 (火) | 編集 |
今愛用している携帯電話が近々使えなくなるっていうんで、
シブシブ買い替えた。
ヘビーユーザーではないから(むしろ超ライトユーザー)、
2Gで充分なんだけど。

携帯の最新機能にはあまり興味が無いので、
通話とメールとカメラがそこそこ使えれば用は足りるわけです。
あとは、アラーム・電卓・辞書・QRコードなどは、
あればあったで便利…という程度。

ワンセグとかおさいふ携帯とか…要らないんだけどなぁ。
そこまで携帯に機能を集約しなくても…と思うけど、
そういう時代ってことか。

SDカードもいつの間にかすっかり小さくなっちまって、
リウマチの手では四苦八苦ですワ。

今回 買い替えの際には、障害者割引を利用した。
一見、すごくお得!!のようだけど、料金体系が複雑で、
障害者割引を使わなくても低料金になる仕組みなので、
それほどメリットは無いような気がします。

◆各社の障害者割引
ドコモ ハーティー割引
ソフトバンク ハートフレンド割引
au スマイルハート割引





2009年03月02日 (月) | 編集 |
先週末、警視庁から封書が届いた。
悪事を働いた心当たりは無いので、なんだろう?と開封してみると…

下肢機能障害等に係わる駐車禁止等除外証票の交付基準見直しについて

下肢機能障害が 1、2級又は3級の1 だったのが、
1級から4級までの各級  に変更になった!!

私は下肢4級なので、22年7月31の経過措置期間以降は対象外
となるはずだったのだが、この見直しで再び対象に。

多くの反対の声が届いたのでしょうか。

除外標章を掲出しても除外の対象とならない場所
路側帯に関しては、かなり悩みそうです。


2007年10月01日 (月) | 編集 |
駐車禁止除外ステッカーの有効期限が迫ってきたので、
警察署に更新手続きに行ってきました。

[続きを読む...]


2007年09月06日 (木) | 編集 |
ETCの有料道路割引の有効期限が近づいてきたので、
更新手続きをした。

[続きを読む...]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。