RAをなだめつつ快適ライフを目指す【たるぱら】の患者目線ブログ。※コメント・突っ込み歓迎ですが「記事」に関連する内容でお願いします。※一般的なブログですのでコメント者様同士の声かけはご遠慮ください。※管理人が不適切と判断したCMは予告無く削除することがあります。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年06月24日 (水) | 編集 |
なんだか…
今年に入ってから総コレステロールがジワジワと
上昇していることに気がついた。

今月は240を超えていて、多分、新記録じゃないかな…

たしか、2月に少し基準値超えだった時は
帯状疱疹で弱っていたので、
「今は体力をつけるために食べた方がいい」
と言われた記憶がある。

それは願ったり叶ったり!!と思いつつ、
一応 カロリーのINとOUTは考えているので、
そうそう太るわけはないはずなのだが、体重も増えてる

なんでかね~と思っていたら、
甲状腺ホルモンが低下気味だったようで。

1ヶ月前の検査結果だから、今はもっと低下していると思う。
新陳代謝が鈍っていたってことです。

甲状腺ホルモン剤は自分で調節してもいいと
言われてはいるものの、
微妙な低下だと亢進と同じような症状があるので、
自分では判断し難い。

もし、逆の判断だったら症状はますます悪くなるので、
数値を見てから調節したほうが無難である。

今回は低下気味だったわけで、
そういえば、お腹があまり空かなくなっていたな…。
甘い物を欲しなくなっていたし…。
食べる量はむしろ少なくなっていたのに、体重が増えていたり…。

その他にも思い当たる事はあるが、
「そういえば」であって、数値を見てからでないとはっきりしない。

めんどくさいね~
血糖値みたいに、自分で測れたらいいのに。


【橋本病に関する現在の薬】
チラーヂンS 50μg → 75μg

体重は元に戻りつつあるけど、空腹感が復活したので
コレステロールが減るかどうかは定かではない… ( ̄ー ̄;)
( ちなみに、中性脂肪は基準値の真ん中くらい→正常値 )
スポンサーサイト


2009年06月10日 (水) | 編集 |
帯状疱疹に罹った1月から(因果関係は不明だが)、
リウマチの数値とともに腎臓の数値も下がってきた。

前にも少し書いたが、リウマチの初診の頃からずっと
クレアチニンの数値が高かったのだ。

基準値の上限を少し超えるくらいで、
いつも基準値外を示す * が付いていた。

今までかかったリウマチ医に聞いても「わからない」
ということで、特に腎臓の検査をすることもなかった。
尿に糖が出ているわけではなかったし。

尿酸や尿素窒素もたまに基準値を上回る事があったのに、
それも基準値内でおとなしくしている。

今、かかっているリウマチ医は「シェーグレンかもしれない」
と言っていて、私も「なんとなくそうかも…」という気がしてきて、
難病情報センターのシェーグレン症候群のページを見てみると…

私の場合、症状として当てはまるのは、
(1)乾燥症状
(2)唾液腺腫脹
(4)甲状腺
(8)腎症状

……だろうか。

(3)関節症状
に関しては、リウマチだと思うけど。

(1)乾燥症状では、眼以外で乾燥を自覚する所は無く、
(2)腎臓に関しても、この項目のような症状は出ていないような…

結局、因果関係はわからないということになり、
疑シェーグレンなのかもしれない。

何はともあれ、どんな検査項目でも数値が正常値になるのは喜ばしい。


2009年06月08日 (月) | 編集 |
またシェーグレン症候群の話。

3年前くらいから唾液腺が腫れるんです。
見て明らかにわかるくらい、耳の下がボコッと。

毎日ではなく、たまに。
朝起きると腫れていて、酷い時は朝のバナナも食べられない。
大きなあめ玉をなめると顎がジーーンと痛くなることがあるが、
まさにそんな感じの痛さ。

それも一日中というわけではなく、しばらくすると引いていく。

最初 おたふく風邪か何かと思って医師に聞いたら、
それは唾液腺とのこと。
たしかに、その腫れを押すとビュッと唾液が出るのだ。

以前、唾液の検査をした時にガム試験で基準値以上出たので、
唾液腺は問題ないんじゃないかということになり、
予約しておいた唾液腺のシンチはキャンセルしたことがある。

今、だったら何か所見が出て診断基準を満たすかもしれない
と思ったりするが、口の乾燥の自覚が無いし、
生検は避けたいのでしばらく様子をみることにする。

そういえば、唾液腺が腫れている日に血液検査をすると、
アミラーゼの値が高いということが最近わかった。

今までたまにアミラーゼ高値の時があって、
あれれ、今度はすい臓か…と思っていたら、
医師が「唾液腺でも高くなる」と言うので しばらく注意して見ていると、
唾液腺が腫れている日=アミラーゼ高値
なのだ。

月一の血液検査の日がなかなか腫れる日にあたらなくて、
立証するのに時間がかかってしまいました(笑)

すい臓型アミラーゼと唾液腺型アミラーゼがあるので、
唾液腺の腫れと関係なく高値になることがあれば、
どちら型なのか、検査しといたほうがいいのかもしれない。


2009年06月05日 (金) | 編集 |
リウマチと診断された時、
膠原病に関するいろいろな抗体の血液検査をした。

その時、抗SSA-A抗体・抗SSB-抗体が共に陽性だったので、
シェーグレン症候群だろうという説明があった。

( 抗SS-A抗体は他の膠原病でも陽性になることがあり、
抗SS-B抗体はシェーグレンに特異的といわれている。)

その後、特定疾患の申請など、いろいろあったわけですが、
その話は今回は省くとして…

先日、現在の通院先でシェーグレンの抗体検査をしたのです。
すると……
抗SS-B抗体が陰性になっていた!!

「そんなことがあるんですか?」と聞いたら、
「そういうこともある」とのこと。ほぉ~

だからといって、シェーグレンでないかといえば、
そういうことでもないらしく…。

症状があるならサラジェンサリグレンという薬が出ている
との説明を受け、
飲むか飲まないかは私にまかせると言われたのだが、
唾液はまずまず分泌されているので飲まないことにした。

ドライアイにも効果があるかも?ということだが、
効果より副作用の方が嫌なので、
どうしても飲まなければいけない物以外は飲みたくないと思って。

眼の症状に関しては、今までどおり目薬でしのぐとします。


2008年10月23日 (木) | 編集 |
やけに眠かったり、疲れやすかったり、食欲が増したり、脈が速くなったり、
汗をかきやすくなったり、耳鳴りがしたり、気持ちが高揚したり、、、

以上のような症状が出てくると、甲状腺ホルモンが亢進してるかも?
…と、疑う。

だけど、低下しても いくつか当てはまる症状もあり、
また、リウマチの悪化でも当てはまるものもあり、
長年、橋本病(慢性甲状腺炎)と つきあってきた自分でも
亢進か低下か、はたまたリウマチの活動か…
非常に判断しにくい。

決め手になるのは血液検査。
FT4、FT3、TSH の数値を見れば、自分で判断できる。
医師の判断より的確なこともシバシバ。(笑)

低下症なのに なんで亢進するかっていうと、
甲状腺ホルモンを薬で補充しているわけで、
その量がだんだん増えて基準値を超えてしまうことがある。

亢進したら少し薬を減らし・・・・・
低下したら少し薬を増やし・・・・・・
ってことを、10何年繰り返していることになる。

今回の場合は、6月頃からTSH(甲状腺刺激ホルモン)だけが
基準値を下回っていた。でも、FT4とFT3が正常範囲。
そんな状態が今月も続いている。

医師はFT4とFT3が正常範囲だからいいんじゃない?って、
言うんだけど、違うんだよー。
どっちが基準値からはみ出ていても、私の場合は症状が出る。
この辺のところ、なかなか解ってもらえない。

少し前から耳鳴りが激しくなってきたし、眠気も尋常じゃないんで、
一応 医師に確認をして、チラーヂンSを75μg→50μgに減らした。
2~3日したら、症状が改善されるはず・・・。
抗リウマチ薬のように 何ヶ月も待たなくていいのは有り難い。

そうそう、『亢進すると痩せる』と教科書には書いてあるけど、
ちょっとの亢進では かえって太ることがある!!
だから、低下と区別が付き難い。(私の場合ですが…)
食欲が増すので、消耗以上に食べているのかも??
今回の血液検査でも、前回よりコレステロール・中性脂肪が
上昇していた。

リウマチほどではないにしろ、人によって多少症状も違うだろうし、
教科書通りにはいかないこともある・・・
と、私は思っているんだけど・・・。

これも、なってみないとわからない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。